渋谷がどんどん変わっているとニュースで見ますけど、渋谷駅の地下も進化しているんですよね。
こんな感じに。とてもカオスに。
yardmap

それでもヒカリエで働き始めてから、物好きな先輩がダンジョンを攻略していって、付いて行く私もだんだん「渋谷ちかみち」に慣れてきました。
地上ほど混雑せず、信号もなく、けっこう遠くまで行けちゃうんですよね。

今日もランチタイムにゲリラ豪雨がきていたので、地下を通ってスイスイと109の近くまで行きました。
ヒカリエのある15番出口から、3番出口を上がって第一勧銀ビルに移動したかたちです。

そこでタージマハルというインドカレー屋に入りました。


画像3

手打ちうどんの実演のように、通路に面したガラス越しでナンを焼いていました。
画像1

間近で見れるんだぁ~と感激していたら、「こっちで見てご覧よ!カモン!」的なお誘いを頂き、なんと中へ。
タンドールに貼りつけて焼いたナンを取り出す棒(名称不明)も持たせてくれました。
昔池袋の小さいインドカレー屋でも同じようなことがあったなぁ。インド人優しい。
画像4

タンドールの温度は400度くらいなんだって。それで2分くらいでナンが焼けちゃうらしい。
勉強になりました。

ランチはカレー1種類だと980円。
カレーは10種類くらいから選べて、ドリンクはチャイも選べたりして、嬉しいラインナップ。
私はサグチキンカレーにしました。ドロドロのカレーがナンと合いますね。
画像2

フレンドリーな店員さん補正も入りまして、また行きたいと思いました