海の日に、富士山に登ってきました!

実は過去2回挫折しているので、不安しかありませんでした。

1度目は学生時代。よくわからず軽装で行ってしまい、途中から暴風雨になって体が芯から冷えて…8合目でリタイヤしました。
2度目は去年。富士山に近づくにつれ視界が見えないほどの悪天候になり…ふもとの温泉に入って帰ってきました。

私、すごく雨女なんですよね。
今回もまさに「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」という状態だったのですが、そんなことは露知らず。同僚ら6人と昨年の雪辱を晴らすべく、意気揚々と向かいました。
2016-07-17-19-31-56

スタートは富士宮口5合目。ここで高山病対策のために30分ほど滞在して、20:50に出発しました。
入口には気が遠くなるようなマップがあって、すぐに計算を放棄しました。
(今見てみると、ここに記載された目安の時間よりもずっとかかっています。恐ろしい)
2016-07-17-20-52-45

そして写真を撮る余裕がないほど過酷な登山が始まりました。

まず5合目から6合目が辛かった!
想像以上に山道がいかにも山道で険しくて、まだ覚悟ができていなくて、でも進むしかなくて。少し頭が痛くなってきて、リーダーに高山病の頭痛はバファリンでは治らないって言われたけど飲んじゃいました。プラシーボに左右されがちなので飲んでよかったです。

6合目から新7合目までは長かったし、元祖7合目までも長かった!
登ると熱いし、休むと一瞬で寒くなるし(でもすぐ疲れちゃうので10分おきくらいに休憩させてもらいました)、やっぱり雨なのか霧なのかで濡れるし、道はジャリジャリだし、ロッククライミングみたいな岩場もあるし。

8合目に着いたときは、学生時代の自分に負けなかったように思えて、少し自信が湧きました。

9合目に着いたのは深夜2時。ここには
食堂があったので、カレーうどんを食べました。1,000円のカレーうどん、プライスレス!
2016-07-18-02-15-02

他にもプライスレスなメニューがいっぱいありました。
2016-07-18-02-10-20

9合目を出てから、まさかの事態が。
1人の先輩が不調を訴え、9.5合目までは頑張ったものの、その道のりがまた一層険しくて、限界に達してリタイヤされました。高山病になっていたようだったのですが、我慢していたみたい。
一緒に最後まで登れないのは悔しいし、気の毒だったけれど、体と荷物の準備において突っ込みどころいっぱいだったので、きっとこれを教訓に次回リベンジしてくれると信じています!


そして9.5合目から頂上までは、山小屋に泊まっていた団体のみなさんも合流し、大行列になってゆっくりゆっくり進みました。このペースは私にはありがたかったです。
2016-07-18-03-36-46

そしてついに7時間半かけて山頂に到着!どんどん空も白んできていました。
もっと手前で見た、真っ赤な月が沈んでいく空も、すごかった。夕陽みたいな月を、上から見下ろしている不思議な感覚…写真に収めたかったなぁ。
2016-07-18-04-32-34

頂上には、見渡す限りの雲海が広がっていました!みんな雲の上にいる!
2016-07-18-23-54-55

ギリギリ間に合った御来光に息を呑む。神々しいって、このことですね。
2016-07-18-23-54-35

頂上はものすごく強風で飛ばされそうだったのですが、うかれた記念写真も撮ってもらいました!
(LINE Cameraで簡単にこの加工用スタンプ作れました。便利!)
2016-07-20-03-16-16

それから浅間大社でお参りをしました。ご利益ありそうです。
2016-07-18-23-59-33

頂上の休憩所でミルクティーを買って、持参したカレーパンをむしゃむしゃ食べました。
早朝でお腹も空いてないのですが、私にとってカレーは縁起物ですね!
2016-07-19-09-40-01

下山時はとにかく紫外線に注意ということを聞いていたので、さらによく分からない格好で帰りました。
2016-07-18-23-58-56

膝もぷるぷるしてきたし、眠いし、気も抜けたしで、何度も足を滑らせて尻もちをつきながら下山しました。怪我しなくてよかった。
景色はなかなかでしたが、暑いのでやはり夜登ってよかったなと感じました。
2016-07-18-23-59-06

そして朝9時過ぎに5合目にゴール!弾丸で往復12時間でした。

1人では絶対にくじけてしまっていたので、みんながいてくれてよかった。

体はクタクタだし、翌日の筋肉痛もひどかったですが、達成感でいっぱいです!